科目一覧

年度  
分野 科目番号 科目名称 科目概要 科目担当者
統計科学
モデリング
20DSSa01 [前期]統計モデリング特論I 統計モデリングの基礎である古典的推論および線形モデルに焦点を合わせる。(講義)
データ科学
20DSSb03 [前期]空間統計学 空間データに関する統計モデリングと統計的推定に関する初等的講義を行う。連続的に変化する現象のサンプルデータ、市町村単位などのラティスデータ、空間点配置データ、方向を伴うデータ、を対象とする。 島谷健一郎
数理・推論
20DSSc03 [前期]推測理論 外れ値に対処するための統計的推測理論を取り扱う。単なる推定に留まらず検定やモデル選択などにも話を展開させる。(講義) 藤澤洋徳
専攻共通
90DSSd01 [前期]統計科学講究I 各学生の研究成果の発表演習を行う。 統計科学専攻全教員
極域科学
極域宙空圏
20DPS001 [後期]磁気圏物理学 地球の周囲に拡がる地球磁場の勢力範囲、磁気圏は、様々な特徴的な領域からなり、それらは太陽風や地球大気との相互作用により、ダイナミックに変動している。そこはまた、様々なプラズマ物理現象が生起する場所でもあり、地球磁気圏を理解することは、磁場を持つ他の天体(木星、太陽など)の理解にもつながる普遍性を持っている。この授業では、そうした磁気圏の構造や磁気圏内で生起する諸現象の概要についての知識を得ることを目的とする。(講義) 門倉昭
極域気水圏
20DPS009 [前期]極域気候システム論 極域気候は、高緯度大気圏、海洋圏に雪氷圏を含む特異なシステムであり、地球規模の気候の中で、要となる要素を含んでいる。極域気候をシステムとしてとらえ、その構成要素から相互作用まで、気候システムについて広く講述する。極域大気のエネルギー収支から海氷や雲、大気組成等の変動とその影響、大気ー雪氷相互作用、最近の変動まで広く及ぶ。(講義) 平沢尚彦
極域地圏
20DPS015 [後期]地殻進化論 地球表層部を構成する地殻、特に大陸地殻の成り立ちと進化の歴史について講述する。講義、演習、論文輪読等を組み合わせて、必要な基礎知識と具体的な解析手法を習得する。また、南極大陸や関連する地域を例に、地球史における地殻進化の過程や最新の研究を紹介する。(講義及び演習) 外田智千
極域生物圏
20DPS023 [前期]海氷圏動物行動学 動物行動生態学の基礎概念と研究テーマについて解説する。そのうえで極域(主に海洋)に生息する動物の行動・生態的適応について概説し、また行動・生態と近年の極域の環境変動との関係についての知見を紹介する。さらに極域に生息する海鳥類、海生哺乳類など、海洋生態系の高次捕食動物における最新の行動学・生態学的研究について、演習形式で論文のレビューを行う。(講義及び演習) 高橋晃周
専攻共通
90DPS001 [前期]極域科学特別研究I 指導教員が学位論文作成に向けた研究指導を行う。(研究指導)
情報学
情報基礎科学
20DIFa01 [前期]情報論理学 プログラミング言語や仕様記述に関して重要である型理論について、その初歩を、数学的に厳密に説明する。 龍田真
情報基盤科学
20DIFb01 [前期]計算機システム設計論 高性能、高信頼計算機システムを設計する上で必要な (1)計算機アーキテクチャ、高性能マイクロプロセッサ、プロセッサ実装技術等の技術、(2)システムの故障が及ぼす影響を阻止し、高い信頼性を持つフォーレルトトレラントシステムの設計に必要な、システム構成と回復、誤り検出、テスト生成、形式的検証等の技術について説明する。(講義) 米田友洋
ソフトウェア科学
20DIFc03 [前期]ソフトウェア工学 ソフトウェアのディペンダビリティの重要性を理解し、それを達成する技術アプローチの概要を学ぶことで、CPS/IoT/SoSといった新しいソフトウェア・システムで直面する課題を考える視座を得る。講義と課題演習を組み合わせる。 中島震
情報メディア科学
20DIFd03 [後期]メディア処理応用 メディア処理の応用例として、特に、視覚情報と密接に関わりを持った画像メディアに関して、その処理、解析、加工・編集、圧縮、伝送、呈示のための技術を学ぶ。具体的には、コンピュータ・ビジョンによる画像からの3次元情報獲得、コンピュータ・グラフィックスによる画像生成などについて、実装可能なアルゴリズムを交えて講究する。さらに、これらを組み合せた高度な画像加工技術(computational photography, inverse rendering 等)や映像の圧縮伝送技術の基本的概念や方法論についても講究する。 杉本晃宏
知能システム科学
20DIFe03 [前期]知識共有システム 本講義ではインターネットを通じて知識共有を実現するための技術の基礎と応用について学習する。基礎的な技術としてセマンティックWeb、オントロジー、社会ネットワークの分析を取り上げる。 武田英明
複合科学研究科共通
分野なし
10SMS001 [前期]モデリング科学概論I 実社会から得られるデータは多様で複雑であり、時間とともに特性が推移し、データ量も巨大化する。このようなデータに対しては博物学的に対処するのではなく、情報源の基本的特性を明らかにし、モデル化に基づく有効な解析法を構築することが求められている。 本講座ではまず、統計科学の基礎である確率過程と確率分布、ベイズ理論を学び、次に時系列データの解析の一分野である非定常時系列解析法を学ぶ。さらに生体、特に神経系における信号生成、制御について考察し、生物のしくみに学ぶ新しいデータ処理について最近の研究成果を紹介する。(講義) 瀧澤由美
科目番号
科目名称
領域
担当教員
検索フリーワード
参加科目・講義


しばらくお待ちください。
表示項目の選択
研究科科目