科目 : 宇宙機推進工学特論

科目詳細

2017
後期
半期
20DSA016
宇宙機推進工学特論
宇宙科学
2
専門領域
宇宙工学
宇宙輸送系の主推進および宇宙探査機の軌道変換/姿勢制御に必要な化学推進や電気推進を含む非化学推進システムに関し,基礎研究から実用さらに将来動向について講述する。(講義)
・ 宇宙推進の基本的な原理・分類・特徴を説明することができる。
・ 宇宙推進の一般的な用途を説明することができる。
・ 講義に登場するいくつかの過去・将来の宇宙推進搭載例について概要を説明することができる。
担当教員:船木一幸、西山和孝
開講曜日:火曜日2限
講義内容:
1)イントロ、化学推進の基礎
2)打ち上げロケット
3)ジェットエンジン
4)宇宙推進の基礎
5)プラズマの基礎と電気推進概要
6)イオンエンジンとその応用
7)イオンエンジンシステム開発
8)イオンエンジンの宇宙応用
9)ソーラーセイルとソーラー電力セイル
10)気液平衡スラスタ
11)アークジェット
12)MPDスラスタ
13)ホールスラスタ
14)将来型推進(1)
15)将来型推進(2)
日本語または英語
出席状況、およびレートによる。
1,2,3,4,5 学年
JAXA宇宙科学研究所相模原キャンパス・大学院講義室(1638号室)
教科書:無し
参考書:宇宙工学シリーズ8 國中・西山・中山「イオンエンジンによる動力航行」コロナ社
栗木・荒川「電気推進ロケット入門」東京大学出版
専攻

科目情報
履修年度
2017 / 後期
研究科・専攻
宇宙科学
科目番号
20DSA016
科目名称
宇宙機推進工学特論
単位
2
授業形態
設定なし
科目の概要
宇宙輸送系の主推進および宇宙探査機の軌道変換/姿勢制御に必要な化学推進や電気推進を含む非化学推進システムに関し,基礎研究から実用さらに将来動向について講述する。(講義)
聴講・参加資格
専攻
参加状態
参加できません
開催講義
参加可能講義なし