科目 : 原子核 I

科目詳細

2017
後期
半期
20DPNn01
原子核 I
素粒子原子核
2
専門領域
原子核
ストレンジネスを持つハイパー原子核などを研究する「ストレンジネス核物理」の研究について、その歴史、実験の手法と結果を講義する。ハイパー原子核を学ぶために必要な、通常の原子核のことも必要に応じ講義する。また、特に、J-PARCハドロン施設で進められている実験の装置や、将来の研究計画についても紹介する。
量子力学などの基づく原子核物理学、電磁気学などの基づく実験装置の基礎
担当教員:高橋 俊行
開講日:木曜日 10:30-12:00
授業計画:
(1. イントロダクション)

5. K中間子原子核の研究

6. エキゾチックハドロンの研究

7. J-PARCのおけるストレンジネス核物理研究

J-PARCハドロン施設の概要

J-PARCでのストレンジネス核物理実験

   将来計画
日本語
出席及びレポートなどの結果によって評価する。
1,2 学年
東海キャンパス
特になし
他専攻学生受講:可
他大学(学生交流協定締結校)学生受講:可
履修条件:電磁気学、特殊相対論、量子力学などの基礎的知識をもっていること
専攻

科目情報
履修年度
2017 / 後期
研究科・専攻
素粒子原子核
科目番号
20DPNn01
科目名称
原子核 I
単位
2
授業形態
設定なし
科目の概要
ストレンジネスを持つハイパー原子核などを研究する「ストレンジネス核物理」の研究について、その歴史、実験の手法と結果を講義する。ハイパー原子核を学ぶために必要な、通常の原子核のことも必要に応じ講義する。また、特に、J-PARCハドロン施設で進められている実験の装置や、将来の研究計画についても紹介する。
聴講・参加資格
専攻
参加状態
参加できません
開催講義
参加可能講義なし