科目 : 計測システム技術 I

科目詳細

2017
前期
半期
20DPNt01
計測システム技術 I
素粒子原子核
2
専門領域
計測システム技術
加速器科学に使用される計測システム(センサー、信号処理、データ収集)に関する講義。本講義は計測制御技術統合教育プログラム(分野横断型教育プログラム)の”計測と制御”(集中講義)で行われる内容を更に専門的にしたものです。
センサーからアナログデジタル変換までの概要と現状について、放射線耐性技術も含めながら講義を行います。
担当教員:田中 真伸
開講日:受講者と相談の上で決定
授業計画:
1、 センサーとその信号

2、 アナログ信号処理

3、 情報抽出

4、 システム化

5、 加速器の高輝度化、高強度化に対して

6、 高集積化の必要性
日本語
出席と課題に対するレポートにより評価する。
1,2,3,4,5 学年
先端計測開発棟208 室
随時講義の中で紹介します。
他専攻学生受講:可
他大学(学生交流協定締結校)学生受講:可
専攻

科目情報
履修年度
2017 / 前期
研究科・専攻
素粒子原子核
科目番号
20DPNt01
科目名称
計測システム技術 I
単位
2
授業形態
設定なし
科目の概要
加速器科学に使用される計測システム(センサー、信号処理、データ収集)に関する講義。本講義は計測制御技術統合教育プログラム(分野横断型教育プログラム)の”計測と制御”(集中講義)で行われる内容を更に専門的にしたものです。
聴講・参加資格
専攻
参加状態
参加できません
開催講義
参加可能講義なし