科目 : 超伝導低温工学 I

科目詳細

2017
前期
半期
20DPNs01
超伝導低温工学 I
素粒子原子核
2
専門領域
超伝導低温工学
素粒子検出器に使用される超伝導磁石に応用されている様々な工学的な要素技術(磁場、電磁力、超伝導線材、磁石構造、断熱構造、冷却装置など)を勉強します。
粒子検出器に使用される超伝導磁石の構造を理解することを最低目標にします。また、実際に超伝導磁石装置を設計するための基礎知識全般を知り、知識の深化の導入になればと考えています。
担当職員:槙田康博
開講日:受講者と相談の上で決定 初回は5月第二週
日本語
授業計画:技術要素毎に演習を出します。
1,2 学年
受講者と相談の上で決定
講義の中で紹介します。
他専攻学生受講:可他大学(学生交流協定締結校)学生受講:可
専攻

科目情報
履修年度
2017 / 前期
研究科・専攻
素粒子原子核
科目番号
20DPNs01
科目名称
超伝導低温工学 I
単位
2
授業形態
設定なし
科目の概要
素粒子検出器に使用される超伝導磁石に応用されている様々な工学的な要素技術(磁場、電磁力、超伝導線材、磁石構造、断熱構造、冷却装置など)を勉強します。
聴講・参加資格
専攻
参加状態
参加できません
開催講義
参加可能講義なし