科目 : 学融合レクチャー「科学コミュニケーション」

科目詳細

2017
前期
集中
30PCS101
学融合レクチャー「科学コミュニケーション」
総合教育科目プログラム
1
隣接領域
その他
前期集中講義(演習を含む)
学術研究と社会の間の情報交換をいかに行うか、それが実際にはいかに行われているか、についての基本知識、及びそれを活用するための実際的知識を学ぶ。本レクチャーのねらいは、社会とのコミュニケーションを意識しつつ、それを活かすことのできる研究者を養成することである。
・学術研究と社会との関係性について理解する。
・分野外の研究者や一般を対象とした研究紹介を円滑に行うことを目指して経験を積む。
・科学報道を中心に、社会における科学や学術の情報流通についての理解を深め、それを自身の
研究活動において生かす事ができるようになる。
担当教員:
基礎生物学・助教・倉田智子(基礎生物学研究所広報室)
広報社会連携室・天文科学専攻・講師・眞山聡
天文科学専攻 准教授 山岡均(国立天文台広報室長)
沖縄科学技術大学院大学・准副学長・森田洋平
朝日新聞社・科学コーディネーター・高橋真理子

平成 29 年 8 月7 日(月) - 平成 29 年 8月9 日(水)
講義と演習
1. 講義1「科学コミュニケーション概論」
2. 講義2「学術成果がニュースになるまで」
3. 演習1「口答で研究をシンプルに紹介」
3. 講義3「基礎科学の広報」
4. 講義4「天文学における科学コミュニケーション」
5. 講義5「科学ドキュメンタリー番組のつくり方 ~ガリレオXの現場より~」
6. 講義6「科学とメディアの幸福な関係を目指して」
7. 演習2「文章作成・研究を社会にむけて紹介・文章のまとめ方」
8. 演習3「文章作成・研究を社会にむけて紹介・相互評価」
9. 演習4「文章作成・研究を社会にむけて紹介・完成作業」
日本語
* 事前課題5%
* 演習での活動45%
* 最終レポート50%
1,2,3,4,5 学年
国立天文台 野辺山宇宙電波観測所
特になし
・ 事前課題 自身の研究を一般に紹介する際に効果的と考えられる素材や写真等を考え、用意する。
・ キーワード:科学コミュニケーション、メディアリレーション、広報、アウトリーチ、研究者と社会
・ 他大学学生の受講可
・ 本講義は3日間の合宿型集中講義として開講される(2泊3日)。宿泊は野辺山宇宙電波観測所
総研大

科目情報
履修年度
2017 / 前期
研究科・専攻
総合教育科目プログラム
科目番号
30PCS101
科目名称
学融合レクチャー「科学コミュニケーション」
単位
1
授業形態
設定なし
科目の概要
前期集中講義(演習を含む)
学術研究と社会の間の情報交換をいかに行うか、それが実際にはいかに行われているか、についての基本知識、及びそれを活用するための実際的知識を学ぶ。本レクチャーのねらいは、社会とのコミュニケーションを意識しつつ、それを活かすことのできる研究者を養成することである。
聴講・参加資格
総研大
参加状態
参加できません
開催講義
参加可能講義なし